審美歯科

AESTHIC審美歯科

当院の審美歯科について

審美歯科3つの特徴

  • 口腔内スキャナーによる精密治療
  • マイクロとルーペによる拡大診療
  • 削らない治療の選択肢
  • 自費CR治療

    審美治療と言えば、削って被せる治療を思い浮かべる患者様が多いと思います。

    当院では、削ることをなるべく避けるために樹脂の材料で審美的かつ強度を保って修復を行う事もできます。

    自費CR治療

    インレーについて

    いわゆる詰め物です。歯と歯の間の虫歯がある時に、虫歯を削った後に型取りをして入れる“L”や“コ”の字型の詰め物です。

    インレーについて

    クラウンについて

    残っている歯が少なく、インレーでは治せない場合いわゆる被せ物を入れます。歯の全周を削って、被せてあげます。

    クラウンについて

    ブリッジについて

    中間欠損において前後の歯を一回り小さく削り、前後と歯が無いところに3本分の被せ物を入れてあげる事により、歯が無いところも歯が有る様に橋を掛けてあげる治療方法です。

    ブリッジについて

    良い補綴物とは?

    • 精密な型取り
    • 精密な型取りを行い、精度の高い模型から補綴物(被せ物・詰め物)を作る事によって適合の良い補綴物ができます。

    • 接着剤について
    • 精度の良い補綴物は、少ない量の接着剤で付けることが出来ます。それにより接着剤の劣化を遅らせることが出来ます。また、自費治療では劣化の少ない接着剤を使用できます。

    • 材料の性質
    • 保険の材料だと強度が不足しており、割れたり、欠けたりします。すると、そこから細菌が侵入し、中で虫歯ができてしまいます。材料の性質も長持ちする要素となります。

    • 歯の強度
    • 残っている歯の量によって、もしくはその歯の神経があるかどうかによって、歯の強度は変わります。なので、補綴をする歯の診査診断をしっかり行うことが重要です。

    補綴物について

    補綴物の種類

    ハイブリッド

    素材プラスチックとセラミックの合剤

    メリット

    • 色味が白色なので目立たない
    • 金属アレルギーの心配がない
    • 生体親和性に優れている

    デメリット

    • プラスチックなので変色する
    • 汚れがつきやすい
    • 保険適応外のため治療費が高くなる
    • 強度が低い

    e-max

    素材セラミック

    メリット

    • 比較的歯に近い色味なので目立ちにくい
    • 金属アレルギーの心配がない
    • 生体親和性に優れている
    • ある程度の強度がある
    • 表面に汚れが付きづらい
    • 変色しない

    デメリット

    • 保険適応外のため治療費が高くなる
    • ブリッジの適応では無い
    • 衝撃に弱い

    モノジルコニア

    素材セラミック

    メリット

    • 白色なので目立ちにくい
    • 金属アレルギーの心配がない
    • 生体親和性に優れている
    • 非常に強度がある
    • 表面に汚れが付きづらい
    • 変色しない
    • ブリッジの適応が可能

    デメリット

    • 保険適応外のため治療費が高くなる
    • 硬すぎるので不用意な力が加わった時に歯が割れてします

    ポーセレンフューズドジルコニア(PFZr)

    素材ポーセレン・ジルコニア

    メリット

    • 限りなく天然の歯の色味に近い
    • 金属アレルギーの心配がない
    • 生体親和性に優れている
    • 内面強度がある
    • 表面に汚れが付きづらい
    • 変色しない
    • ブリッジの適応が可能

    デメリット

    • 保険適応外のため治療費が高くなる
    • 不用意な力が加わった時に表面が割れてしまう

    ゴールド

    素材

    メリット

    • 適合が一番良い
    • 虫歯になり難い
    • 歯の固さに近い
    • セメントの劣化を保証してくれる
    • 金属アレルギーになり難い

    デメリット

    • 金色の色味

    白金加金

    素材プラチナ

    メリット

    • 適合が一番良い
    • 虫歯になり難い
    • 歯の固さに近い
    • セメントの劣化を保証してくれる
    • 金属アレルギーになり難い
    • ゴールドに比べると、金色が弱い

    デメリット

    • 白金加金の色味

    C R

    素材樹脂(プラスチック)

    メリット

    • 口腔内で直接形を作るので即日で終わることが多い
    • 型取りの必要がない
    • 歯の実物と比較して作るので色味がリアルに表現できる
    • 歯の強度に近い
    • 歯を削る量が少なくて済む
    • 歯に直接くっ付けるので劣化しにくい

    デメリット

    • すり減りが起きやすい
    • セラミックに比べると強度は劣る
    • 直接作るのではと歯の間の形を表現するのが難しい

    審美歯科症例

    症例① 前歯が割れたので治療したい

    治療前

    治療中

    治療後

    症例② 前歯の色が気になる

    治療前

    治療後

    WEB
    予約