mv

ENDO根管治療

根管治療について

根管治療とは?

根の中の感染物を
除去する治療です

顕微鏡を用いて根っこの中を確認し、針金のような器具を使い汚染物を除去していきます。根の中は、アリの巣のように枝分かれした複雑な構造をしています。

なので、1度で全ての感染物を除去する事はできません。根の中を清潔にして最終的な薬で蓋をするまでに2〜3回の治療期間を必要とします

根管治療

根管治療が必要な
症状について

根の治療が必要な時は2つあります。

①歯髄炎

歯の神経に炎症があり、不可逆的な神経の炎症が起こっている状態です。

症状
症状:自発痛(拍動痛)・暖かい物で痛み・氷水を含むと痛みが消える・患側の全体が痛いなど

②根尖性歯周炎

神経が死んでしまい、根の中で感染を起こしている状態。感染により根の先の骨が溶けている状態です。

症状
症状:自発痛(鈍痛)・噛んだ時に痛みがある・痛みのある歯が明示できる・根の先を押さえると痛い・膿の出口(フィステル)がある。

根管治療の重要性

放置すると歯を
長持ちさせられません

歯は、中空状の構造をしています。エナメル質から徐々に進行してきた虫歯は、神経に到達すると一気に根の先まで進行し根尖の骨を溶かし始めます。

放置しておくと、歯の中から虫歯が一気に進行するとともに、根尖周囲の骨を溶かしていくので、歯を長持ちさせる事はできません。

根管治療

歯の神経が無い状態でも
傷みを感じる理由

歯の神経がない状態では、その歯は、痛みを感じる事はありません。なので、神経を取った歯にトラブルが起きていても、中々症状として現れにくいです。では、なぜ痛みを感じるのでしょうか?

根管治療

それは、その歯の周りの骨・粘膜が痛みを知覚しているのです。その時には、歯の問題だけでなく、骨や粘膜にもトラブルを抱えているので、定期的な検診、レントゲンを撮影を行う事で、トラブルの予兆を見極めるようにしましょう

治療中の痛みを感じないよう工夫をしております

神経の治療中に痛みを感じないように麻酔を行う事があります。神経を除去した後の治療に関しては麻酔を必要しません

しかし、根の先端を触った場合に多少の痛みが発生する事があります。そのような場合は麻酔できますので申し出てください。

根管治療

根の治療のステップ

  • ① 根管治療
  • ② 歯根端切除と意図的再植
  • ③ 抜歯
  • 歯根端切除と意図的再植

    根管治療を行っても効果のない場合は、感染源が根の中から根の外の骨に移行している場合があります。そのような場合は、何度根幹治療を行っても治癒しない事があります。その場合は外科的な手技で、根の外にある感染源を取り除く必要があります。

    根管治療の治療期間

    根の治療とは、機械と薬剤を使用して細菌を減らしていく治療です。適正期間を超えて時間を空けてしまうと、細菌は再び増殖します。なので、いつまで経っても治療は終わらず、歯の中から虫歯になり歯が崩壊してしまいます。当院では、1ヶ月前後(2〜3回の通院)で根の治療を終わらせる様にします。

    根管治療

    こんな歯医者がオススメ

    • ラバーダム(ゴムのマスク)を治療中に行う
    • 顕微鏡を根の治療で使用する医院
    • 根の治療の専用の機械を使用する病院(ニッケルチタンファイル)
    • 根の中まで見える高精度のC Tを導入している医院
    • 根の治療だけで、治らないケースに対する次の手段があるのか

    最新の医療機器・設備を
    用いた精密な検査

    根の先の太さは、髪の毛と同じぐらいの太さです。そのような物を人間の目だけでは正確に見る事はできません。なので、顕微鏡による拡大診療を行う事で、成功率を向上させる事ができます

    根管治療

    根の中は、アリの巣のように枝分かれした複雑な構造をしています。人間の目では枝分かれし、湾曲した先を見ることはできません。その湾曲した先を見るために、高精度の根の中まで見えるC Tを用いて形態の確認を行い、湾曲した先の感染を取り除く事のできる、ニッケルチタンファイルを用いる事によって治療の精度を向上させます

    ラバーダムを用いた根管治療

    治療中に唾液・細菌が侵入を防止するための、ゴムのマスクです。根の治療は、根の中の細菌感染を如何に低減させるかが重要になります。細菌が侵入し続ける環境で根の治療を行ってもなかなか成果が得られにくいです。そのため、ラバーダムを使用した根管治療は不可欠です。

    根管治療

    抜歯をお勧めするケース

    そのような場合は2つあります。

    • 歯が折れているケース
    • 歯が骨に埋まってないケース

    他院で抜歯と診断されても
    残せる可能性があります。

    上記の2ケースに当てはまらなければ可能性はあります。

    歯を残す事は大切だと思います。特に、患者様に有益な状態で!歯を残す事が大切だと思います。私のできうる技術で、その方法を提案したいと思います。是非、一度当院にご相談ください。

    相談はこちら

    根管治療

    WEB
    予約