mv

DECAY虫歯治療

虫歯治療について

虫歯について

虫歯とはミュータンス菌による細菌感染です。

虫歯の原因

ミュータンス菌は糖を栄養源として、酸を生産し歯を溶解して行きます。

虫歯の原因

虫歯の予防方法

  • ①食生活習慣の改善
  • ②プラークコントロール
  • ③フッ素塗布による再石灰化
  • ④唾液分泌促進

この4つを行うことによって、ミュータンス菌の活性化を防ぐことにより予防を行います。

できる限り痛みの少ない治療をご提供しております

当院の痛みに対する配慮

  • 表面麻酔を行います
  • 一般的な歯科医院で使用している針は30Gですが、当院ではそれより細い33Gの針を使用します。
  • 麻酔の薬液の温度が低いと痛みが伴うので、人の体温と同じ温度の麻酔液を使用します。

虫歯進行度ごとの治療方法

C0 初期齲蝕

特徴

エナメル質に限局している初期虫歯です。欠けている所は無く、歯の溝の着色や歯の表面の白濁が特徴です。

治療内容

削っての治療は行いません。食生活習慣の改善・プラークコントロール・フッ素塗布による再石灰化・唾液分泌促進などを行います。C1・C2に進行しないようにメンテナンスを行います

虫歯の原因

治療の流れ

上記の予防処置を行い、定期的にクリーニングとレントゲンによる虫歯の進行チェックを行って進行の抑制を行います。

C1 エナメル質齲蝕

特徴

エナメル質に限局している欠損を伴う虫歯

治療内容

欠損部分が大きい場合はそこを樹脂の材料で埋めます。またC0と同様に、予防処置を行います

c1

治療の流れ

表面の虫歯なので麻酔をする事なく1日で治療を終了する事ができます。その後、虫歯になった原因を確認し定期的に検診を行なっていきます。

C2 象牙質齲蝕

特徴

象牙質まで進行した虫歯。甘いのもを食べた時に痛みがあるのが特徴です。

治療内容

虫歯を削り、樹脂で埋めます。虫歯の部位や大きさによって詰め物や被せ物で治す事もあります

c2

治療の流れ

1回の治療で終わる事もあります。被せ物・詰め物で治す場合は、虫歯除去・型取り・詰めるの3回ほど治療にかかる事もあります。

C3 歯髄齲蝕

特徴

神経まで進行した虫歯です。自発痛・温熱痛がある事があります。また神経の治療を行なっている歯では根尖に病変ができる事もあります。

治療内容

虫歯を除去した上で、神経の治療を行います。

c3

治療の流れ

根の治療を2・3回行います。根に細菌感染がなくなった事を確認し、最終的に薬を詰めます。その後、土台を立てて被せ物を作ります。ケースによっては樹脂の材料で詰めて終わりのこともあります。治療期間としては、根の治療の難易度によって変わりますが週に1回の通院で1〜2ヶ月ほどかかります。

C4 残根

特徴

虫歯の進行が著しく、残根状態の事を言います。

治療内容

基本的には抜歯の適応となります。

c4

治療の流れ

条件によっては、クラウンレングス・エクストルージョンを行うことで歯を残すこともできます。上記の処置を行う場合は3〜6ヶ月の治療期間がかかります。

歯を残す治療について

WEB
予約