mv

DENTURE入れ歯

入れ歯について

入れ歯の種類

総入れ歯

全ての歯がない場合は、総入れ歯になります。歯が残っている場合は、部分入れ歯になります。

総入れ歯

インプラントとの違い

  • メリット
  • ・失った歯を、周りの歯を削らずに取り戻すことが出来ます。
    ・取り出して、目で見て洗うことが出来る。

  • デメリット
  • ・違和感がある。
    ・噛む力が10〜30%に低下する。
    ・取り外しの必要がある。
    ・味を感じにくくなる

入れ歯の材質

保険診療の場合

レジン床

プラスチックの材料で作るため、咬合力の強い患者様だと割れてしまうことがあります。また、部分入れ歯のバネが金属でできているため前歯にバネを掛けると見えてしまうこともあります。

上記の悩みがある場合は自費の入れ歯を検討するのも手だと思います。プラスチックで製作しているので、入れ歯のサイズを伸ばしたり短くしたり出来るのはメリットです。

レジン床

自費の場合

金属床

金属で作っているので、強度があります。強度があるので入れ歯のサイズを小さくする事も検討できます。また、金属だと熱の伝導性が良いので、温度を感じることが出来るので味を感じやすいです

金属床

マグネットデンチャー

残っている歯もしくはインプラントに磁石を入れ、入れ歯の磁石とくっ付ける事で、入れ歯が外れにくくなります

インプラントオーバーデンチャー

インプラントにアタッチメントをつけ、入れ歯とくっ付けることで入れ歯を安定させることが出来ます

入れ歯完成までの流れ

カウンセリング

カウンセリング

まずは、今の入れ歯の問題点や気になっていることを確認いたします。その上で、新しく作る入れ歯の設計に関して相談を行います。

型取り

型取り

型取りを行います。その上で模型を作成します。精密な型取りを行うために、何度かに分けて行う事もあります。

噛み合わせ

噛み合わせ

模型だけでは、どのように噛み合わせているか確認できないです。噛み合わせを採得する事で上下の模型をかみ合わせて入れ歯を製作します。

試着

試着

作成した入れ歯を試適する事によって、噛み合わせと、型取りに歪みがないがチェックします。

完成

完成

完成したい入れ歯をお渡しして、実際に使用してもらいます。

調整

調整

実際に使用して入れ歯を機能させた時に、擦れ・当たりが出る所があるます。そこを調整していきます。

メインテナンス

メインテナンス

内面の適合と咬み合わせの変化をチェックを行います。問題なければ、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月までのメンテナンス期間を選択します。

WEB
予約