h1タイトル

ADULT大人の矯正

大人の矯正について

大人の矯正の特徴

大人の矯正治療は、成長や生え変わりがない状態からのスタートになります。スペースの過不足や、歯の大きさ、顎骨の大きさなどの様々な要因によって歯列不正が起きます。そして歯周病やう蝕、補綴歯、欠損歯などの問題もあります。これらの問題点をよく理解して治療方法を考える必要があります。

矯正歯科

大人になっても
気になる歯並びは治せますか?

年齢に関わらず歯並びは直せます。
※動き方は加齢によって遅くなることが多いです。

まずはお気軽に当院にご相談下さい。

こんな方に矯正がオススメ!

歯並びが悪くて噛めない、うまく笑うことができない、そのようなお悩みは矯正治療によって改善できます。どんなケースでも、より多くの方が笑って過ごせるように治療していきたいです

矯正歯科

矯正と抜歯について

抜歯になるケースと
ならないケースの違い

歯が並ぶためのスペースが椅子、歯が人だとします。この椅子と人の大きさ・数のアンバランスにより歯のガタガタが起きます。このガタガタを改善するために、椅子を大きくするか、人を減らして、きちんと人を椅子に綺麗に座らせてあげます。

矯正歯科

つまり、この人を減らしてあげる場合が抜歯になるケースです。抜歯にならないケースは、椅子を広げてあげることができるケースです。

大人矯正の
メリット・デメリット

大人の歯は若年者から次第に動きにくくなります。加齢変化により歯肉や歯の状態が悪いこともあります。小児矯正と比べて、生え変わりの時期を待つことなく治療開始できます。また、装置について、口腔内の管理についてもよく理解できる状態で治療ができます。

矯正専門医院との違い

矯正専門医院などでは、抜歯を行っていたないため、他の医院に行き抜歯を行う必要がございます。当院には、口腔外科のプロフェッショナルである院長と、矯正歯科の認定医が在籍しておりますので、 当院で全て完結することが可能となります。

どこで治療を行っても一緒なのか?

治療をする医院ではありません

当院で利用している矯正装置

  • マルチブラケット装置
  • 矯正用ワイヤー
  • インビザライン
  • クワドヘリックス
  • バイヘリックス
  • リンガルアーチ
  • トランスパラタルアーチ
  • ナンスのホールディングアーチ
  • ペンデュラム
  • 急速拡大装置
  • 緩徐拡大装置
  • バイオネーター
 

保定装置

  • ベッグリテーナー
  • ホーレーリテーナー
  • フィックスリテーナー
  • クリアーリテーナー

治療の流れ

1.初診相談

お口の診査を行い、矯正治療の必要性や矯正治療の一般的な流れについて、ご相談させていただきます。

資料採取(精密検査)および診断

不正咬合の状態を詳しく知るために、歯の型、歯や顔の写真、あごや頭蓋のレントゲン写真など、診断に必要な検査を行います。それらの資料を分析し、診断結果および治療方法、使用する装置、治療期間などについて、具体的にご説明させていただきます。

矯正治療開始

<本格治療(2期治療)>

永久歯が正常に咬みあうように、上下のすべての歯に固定式装置を装着して治療を行います。 1ヶ月ごとに来院していただき、およそ2年間かけて歯を動かします。

保定観察

本格治療直後は歯が動きやすいため、歯ならびが安定するまで保定装置(リテーナー)を使います。本格治療終了後約2年間は歯ならびが安定しているのを確認した後、すべての治療が終了となります。

料金

ワイヤー矯正

一括¥858,000
分割¥979,000

インビザライン矯正

一括¥1,023,000
分割¥1,100,000

詳しくはこちら

矯正治療中に気をつけること

虫歯

固定式でも可撤式でも、装置をつけているときは通常より口腔内の清掃が困難になります。注意して歯磨きしましょう。丁寧に歯科衛生士と一緒にご指導します。

矯正歯科

クリーニング

固定式装置は特に、装置の周りが汚れやすく、食べ物も詰まりやすいです。毎回の診療時にクリーニングを必ず行っております。

矯正歯科

生活習慣

装置が壊れてしまうような食べ物や刺激は与えないように注意する必要があります。例えば、硬いおせんべいや、装置の周りにくっついてしまうお餅など、食べるときに注意する食べ物があります。様々な注意点は丁寧にご説明させていただきます。

矯正歯科

インビザラインの
よくある質問

  • 矯正が可能である場合が多いので一度ご相談ください。

  • 必ず歯を抜くとは限りません。精密検査の結果、歯と顎のバランス、唇の突出度等を総合的に診断し、歯を抜いて治療した方が、安定する良い結果が得られ、残りの歯を守ることになると考えられる場合は、その旨をご説明し、ご理解いただいた上で抜歯を行 うこともあります。

  • 固定式の装置の場合、歯磨きは難しくなります。ですので、矯正治療前に、歯磨きの練習や食事の指導を行い、原則的に歯磨きが上手になってから装置をつけて矯正治療を開始します。

診療案内

WEB
予約